事故について

ずいぶんと経ってしまったけれど、暇になったので書いてみる。

事故の状況は以前のをみてもらうとして、結果です。
下の写真が事故現場で、事故直後に撮ったもの。
事故現場
写真奥から手前に自分は走っていました。
相手は写真左手から、本線に合流という状況です。
後ほど、写真が出てきますが、白い車が相手です。
自分の車はというと、こんな状態。
2012-09-12 17.58.27
見た目、そんなに凹んでないように見えるので大丈夫そうに見えますが・・・
2012-09-12 17.58.32
淵が押し出されたことによって、めくれてしまっています。
これにより、タイヤと干渉して、アップダウンが少しでもあると
いい音がなります。
2012-09-12 18.12.46

こちらが、お相手。

ディーラで修理見積もりをしましたが、総額56万。
相手保険会社による、査定によるとうちの車は32万。
普通だと、全損扱いで上限の32万しか払ってくれないので、
不足分は持ち出しか、修理を諦めることになる。
が、今回は相手の特約があり、最大で50万までは追加してくれるらしい。
けれども、56万かけるような車ではないので買い替えを決意。
過失は1:9で推移。
0;9を提案するも、断られる。
ほぼ、毎日相手保険会社担当に電話していました。
過失の交渉と並行で、車体価格の算出方法と過失根拠の資料も要求。
保険会社は東京なんちゃら保険でしたが、ケチというか、元々出せる上限を決めてから
交渉に望んでいるのかと思うほど、どんな提案をしても何かと理由をつけて
一定の額までしか提示して来ません。
人身にしておけば、良かったと思う対応です。
最終的には、1:9の車体価格+諸費用分(雀の涙)で手を打ちました。
買い替え費用に関して、
相手:支払いできません。
自分:理由は?文書で出して。
次の日
相手:理由は出せません。
自分:・・・^^;
ってのが、あったので、粘ればもらえた可能性はありますが、
はっきり言って面倒くさいです。
今回、自分はゼロ主張だったので、保険会社とやり取りをしましたが、
過失がある場合は、保険会社にまかせたほうが圧倒的に楽です。

2012-10-11 10.51.02
BH5A、最後の姿。 
2012-10-11 12.21.37

最終走行距離。
まさか、こんなに早く降りてしまうとは思っていませんでした。

2012-10-11 13.18.06
新しい相棒。
2003年の最終型、BH5Dです。
走行距離は10万いっていますが、前のオーナーが大事にしていたらしく、
随分と綺麗です。
マフラーすらフルノーマルなので、手を入れにくいというか、もったいない。
これから、よろしくお願いします。

カテゴリー: 2013 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です